【ブログ文章論】思考と感情を忘れないうちに書くことの大切さ




最近ブログを再開したんですけど、言葉が出てこなくて、うまく書けません。なぜ書けないのか原因を考えてみたら、1つわかったことがありました。

 

それは、「思考や感情を思い出せないこと」です。

 

先日、大学生活の経験を書いた記事をリライトしていました。でも、全く書けなかったんですよね。

 

当時の記憶は残っているので、ある程度は書けます。でも、そのときに何を考えて、どんな気持ちだったのか、数年前なので思い出せないんですよね。

 

いくら読者に伝えたいことがあっても、それだと記事の質が落ちてしまう。この経験から、瞬間瞬間に感じたことを、忘れないうちにすぐに書くことが大切だと実感しました。

 

実はこの記事も、寝る前になぜかこのことを伝えたいと思って、PCのメモ帳に書き殴ったんですよね。そしたら何も考えずに言葉が出てきました。

 

ブログを書けない原因の1つに、すぐに書かないことが関係しています。でも、ブログを立ち上げて書くってなると、時間がかかっったり、やる前からめんどくさくなりますよね。

 

そんなときは、PCのメモ帳かEVERNOTEなどに一旦思考と感情を書き殴りする。これがオススメです。

 

「鉄は熱いうちに打て」という言葉もありますよね。ブログも同じなのではないかと思いました。