ミニマリストのぼくが、ヨガマットを寝具として使っている6つの理由




現在、YURENのヨガマットを寝具として使っている。

なぜ、ミニマリストのぼくがヨガマットを寝具として使っているのか?

今回の記事では、ヨガマットを寝具として使っている、6つの理由を書く。

ヨガマットを寝具として使っている、5つの理由

①睡眠の質がよくなる



このヨガマットの1番の魅力は、睡眠の質がよくなること。

以前までは、MyeFoamのマットレスを使っていた。しかし、起床時の疲労感やだるさ、起き上がりにくさがあり、毎朝ストレスに。

そんなとき、「柔らかいベッドよりも、硬いほうが睡眠の質が上がる」という記事を読んだ。

色々と考えた結果、マットレスを手放すことに決めた。ただ、硬いのがいいと言っても、さすがに床では寝れない。だから、厚さのあるヨガマットを購入しようと決めた。

このヨガマットに変えてからというもの、寝心地がいいのか、夜はすぐに眠れた。朝はパッと目を覚ますことができ、ストレスなくスムーズに起き上がることができた。

普通のヨガマットと違って、1.5cmの厚さがある。だから体重67kgのぼくでも、背中が痛くなることはほとんどない。

②収納がかんたん



画像のように、かんたんに巻くだけでOK。忙しい朝の味方。捨ててしまったが、巻き止めするゴムとヨガマットを入れる袋付き。

③安い



たったの2380円。(2020年12月13日時点)

④スペースを取らない



丸めて小さくできて、軽くて持ち運びが簡単。ヨガマットを使わない時は、クローゼットの上に置いています。掃除がしやすい。

⑤引っ越しの費用や手間がかからない



引っ越し先にベッドを持っていくとなると、かなりの費用と手間がかかる。マットレスはベッドよりはマシとはいえ、それでも費用と手間はかかる。

ヨガマットであれば、引っ越し業者や郵送に頼らなくても、最悪自分でもっていくことができる。

⑥筋トレやストレッチとして使える



本来はヨガマットなので、筋トレやストレッチにも使える。お風呂に入った後、ヨガマットでストレッチをしてから、ヨガマットで寝るというルーティンを確立した。

まとめ

  1. 睡眠の質がよくなる
  2. ベッドメイキングが簡単
  3. 安い
  4. スペースを取らない
  5. 引っ越しの費用や手間がかからない
  6. 筋トレやストレッチとして使える



睡眠の質をよくしたい人やもっと身軽になりたい方は、YURENのヨガマットを試してみてください。オススメです。




3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。