コーチング

目標を立てずに行動する=何を料理するかを決めずに、食材を買うようなもの【行動する前に目標を立てる】

「目標はいらない!とにかく行動だ!」

どうも、目標を立てずに行動していた、だいです。

目標を立てるのがめんどくさくて、目標を立てずに行動していました。

しかし、それでは、なかなか結果がでないこともたくさんありました。

その失敗経験があったので、行動する前に目標を立てる必要があるなと感じました。

この記事では、目標を立てずに行動した失敗経験から、行動する前に目標を立てるメリットを説明します。

この記事が、あなたにとって、少しでもプラスになれば、嬉しいです。

行動する前に目標を立てるメリット

①目標達成に必要な要素が明確になる

行動する前に目標を立てる1つ目のメリットは、目標達成に必要な要素が明確になることです。

例えば、「カレーライスを作りたい!」という目標であれば、「米・ルー・肉・じゃがいも・にんじん」が必要だとわかります。

反対に、目標を立てず、無闇に行動することは、何を料理するか決めずに、手当たりしだい、食材を買うようなものだからです。

手当たり次第に食材を購入しても、何の料理ができるかわかりません。

もし、「スイカ」、「ゴーヤ」、「納豆」を買ったとしても、何ができるでしょうか?

食材を買った後に、「あれ?何を作りたいんだっけ?」と後悔してしまいます。

また、他の例として、「プロ野球選手になりたい!」という目標であれば、「甲子園で活躍する」という必要な要素が明確になります。

闇雲に素振りだけをしても、プロ野球選手になるのは難しいでしょう。

だから、行動する前に目標を立てると、目標達成に必要な要素が明確になります。

②必要最低限の行動で目標を達成できる

行動する前に目標を立てる2つ目のメリットは、必要最低限の行動で目標を達成できることです。

なぜなら、1つ目のメリットである、目標達成に必要な要素が明確になり、それをやればいいだけの状態になるからです。

先ほどのカレーライスを例にすると、「米・ルー・肉・じゃがいも・にんじん」だけを買えば、目標を達成できます。

無駄に食材を買う必要がないので、無駄な食費や買い直しの時間を費やすことはありません。

また、他の例として、「○○大学にいきたい!」という目標であれば、受験しなくても、推薦で入れるかもしれません。

その場合、受験勉強に時間をつかったり、塾代やテキストのお金を使う必要がなくなります。

だから、行動する前に目標を立てると、無駄な行動をせずに、必要最低限の行動で、目標を達成できます。

まとめ

【行動する前に目標を立てるメリット】

①目標達成に必要な要素が明確になる

②必要最低限の行動で目標を達成できる

・目標を立てずに行動する

=何を料理するかを決めずに、食材を買うようなもの

行動する前に目標を立てることの大切さを説明しました。

行動する前に目標を立てて、必要最低限の行動でどんどん目標を達成して行きましょう。

この記事が少しでも参考になれば、とても嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。