コンプレックス

【コンプレックス】内向的で女性との会話が苦手だったぼくが話せるようになった方法

「女性と話すと、会話が続かず、いつも気まずくなる・・・」

「なんで周りは女性とうまく話せるのに、自分だけ話せないんだ・・・」

この気持ち、とてもわかります・・・。

というのも、ぼくも大学3年生になるまで女性とうまく話せた経験が全くありませんでした。

大学の帰り道で女の子と2人で帰っても、何を話せばいいか分からずに気まずくなるし。

合コンに参加しても、話すどころか、相手を否定してしまい、途中で帰られたりしました。(笑)

そんな自分自身が嫌いだったので、乗り越えるために色々試行錯誤しました。

その結果、今では女性と話すのが苦ではなくなり、むしろ楽しくなりました!

この記事では、内向的で女性との会話が苦手だったぼくが話が途切れずに楽しめるようになった方法を書いています。

女性との会話ができるようになった方法

インタビュアーになる

結論から言うと、インタビュアーのように聴き役になることで克服しました。

女性と話すのが苦手な人は「社交的な人のように話さないといけない」という思い込みはありませんか?

ぼくはありました。

内向的な性格だったのでどうしても社交的な人と比べてしまい、憧れを持ってたんですね。

「社交的な人のようにもっとワイワイしないといけない」

「お笑い芸人のようにもっと巧みなトークをしないといけない」

そう思っていました。

でも、全然できないんです。

しかし、無理にそのようになる必要はないなと気づいたんです。

なぜなら、人間は相手の話を聞くよりも、話を聞いて欲しい生き物だからです。

ぼくのように話をすることが苦手であれば、相手に話をさせるために質問をすればいいんです。

社交的な人やお笑い芸人のように社交的に振る舞ったり、面白いことを言ったりする必要はありません。

もちろんそのような人がいいという女性もいますが、落ち着いて話をしたい、話を聞いてほしいという女性もいます。

聴き役になるには何が必要?

相手の話を聴くためには、心から相手に興味を持つ必要があります。

なぜなら、相手に興味を持てるようになれば、自然と質問が思いつくからです。

相手に興味を持てなければ、良い質問ができません。

どのように質問すればいいの?

結論から言うと、5W1Hの質問を使って話を深掘り、広げます。

わかりやすいように具体例を出します。

話を深ぼる具体例

ぼく「最近アルバイト始めたんだね!」

女性「そうそう!始めた!」

ぼく「何のアルバイトを始めたの?」

(Whatの質問で話を深ぼる)

女性「居酒屋だよ!」

ぼく「居酒屋なんだ!なんで居酒屋で働こうと思ったの?」(Whyの質問で話を深ぼる)

女性「家から近いし、居酒屋が好きだから!」

ぼく「そうなんだ!働き始めてみてどう?」

(Howの質問で話を深ぼる)

女性「うーん、微妙・・・」

ぼく「微妙なんだ・・・。なんでそう思ったの?」

(Whyの質問で話を深ぼる)

女性「店長が厳しくて。この間なんか働き始めて間もないのにちょっとできなかったぐらいでうるさく言われた。」

上記の話では「アルバイト」について5W1Hの質問を使って話を深掘りました。

話を深ぼることで相手を理解することができます。

次に5W1Hの質問を使って話を広げる具体例を説明します。

話を広げる具体例

ぼく「最近アルバイト始めたんだね!」

女性「そうそう!始めた!」

ぼく「何のアルバイトを始めたの?」

(Whatの質問で話を深ぼる)

女性「居酒屋だよ!」

ぼく「居酒屋なんだ!なんで居酒屋で働こうと思ったの?」(Whyの質問で話を深ぼる)

女性「家から近いし、居酒屋が好きだから!」

ぼく「そうなんだ!働き始めてみてどう?」

(Howの質問で話を深ぼる)

女性「楽しいよ!」

これ以上、アルバイトのテーマで深ぼるのはきついと判断

ぼく「それはよかった!居酒屋が好きって言ってたけどよくいくの?」(Howの質問で話を広げる)

女性「週に1回は友達と行く!」


ぼく「週に1回行くんだ!俺は1ヶ月に2回ぐらいかな。どこの居酒屋に行くことが多い?」
(Whereの質問で深ぼる)

上記のように、話をこれ以上深ぼれないと思ったら、話を広げましょう!

最初は「アルバイト」のテーマで話していましたが、話を広げる質問を使うことで「居酒屋」のテーマになりました。

話を広げる質問を使い、テーマを変えた後は、同じようにまた話を深ぼります。

話を深ぼる

話を深ぼる

もう深ぼれないかも?

話を広げ、テーマを変える

話を深ぼるという感じです。

これを使えるようになれば女性との会話がどんどん楽しくなりますし、会話が途切れることはありません。

まとめ

女性との会話のテクニックなどたくさんあると思いますが、一番大切なことは、相手に興味を持って質問し、話を聴くことだと思います。

相手に興味を持てるようになれば、自然と質問ができるようになります。

この記事を読んだあなたが、女性との会話が少しでもできるようになり、克服することができればとても嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事