The Clear|逆境インタビューメディア

ザ・コーチから学ぶ、「夢・目的・目標・ゴール・ビジョン」のそれぞれの意味。



どうも、だいです。

あなたは、「夢・目的・目標・ゴール・ビジョン」のそれぞれの意味はわかりますか?

わかるようでわからない方が多いのではないでしょうか?

ぼくも「ザ・コーチ」を読むまではわかりませんでした。

この本を読んだことで、それぞれの意味を知ることができました。

この記事では、「夢・目的・目標・ゴール・ビジョン」のそれぞれの意味について説明します。

目的・目標・ゴールの意味

目的の意味は、成し遂げようと目指す事柄。

目標はあくまで、目的に向けての目印でしかないということです。目的を実現するために目標を定め、それに向かって行動する。つまり、目標は、目的の実現のために設定されるものです。

ゴールは目的のための最終的な目印。そのゴールまでの途中の目安や通過点として置くのが目標。

わかりやすく図に表してみました。

目標は、目的を達成するまでの通過点であり、ゴールは目的を達成するための最終的な目印です。

もし、○○大学に入学するとすれば、このような図になります。

○○大学に入学する手段として、一般試験やセンター試験、指定校推薦があります。

つまり、目標は目的を達成するための手段に過ぎないということです。

また、目的を達成するための道のりは、いくらでもあることもわかります。

夢・ビジョンの意味

は将来実現したいと心から描いている願い。


夢は、誰かと比較して優劣を決めるものではありません。その人が、今この瞬間から先の未来を思って、心から叶えたいと願うこと、純粋に実現したいと思うシンプルなことでいいんです。だって、貧しい国の子どもたちの夢は、お腹いっぱいたべることですよ。

夢は目標ではありません。あくまでも願望なので、叶ったら儲けもんぐらいの気軽さでちょうどいいんです。

ビジョンは将来の理想像。未来の光景。

ビジョンは鮮明でありありとしていて、その光景を見るだけで嬉しいとか、楽しいとか、ドキドキワクワクするなどの感情が湧くものでなくてはならない。

人がゴールを手にした瞬間に見る光景。それを今想像する。そして、そのインパクトの瞬間に得られる感情を今味わう。

叶うか叶わないかは置いといて、心から実現したいことが夢です。

ビジョンはゴールを手にした瞬間の光景です。

まとめ

夢   :将来実現したいと心から描いている願い。

目的  :成し遂げようと目指す事柄

目標  :目的を達成するまでの通過点であり、目印

ゴール :目的の達成のための最終的な目印

ビジョン:ゴールを手にした瞬間の光景

夢、目的、目標、ゴール、ビジョンのそれぞれの意味について説明しました。

今回紹介したのは本の1部分なので、もっと詳しく知りたい方は是非、本を読んでみるのをお勧めします。

この本は物語式なので、本が苦手な人でも、とても読みやすくなっています。

この記事が、少しでも参考になればとても嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。