その他

【実績】メルカリで売るためのオススメのアプリ紹介&具体的な売り方を説明します

こんにちは。ミニマルな上京人です。

今回の記事は

・メルカリやラクマで商品が売れなくて悩んでいる人

に向けて、メルカリやラクマで商品を売れやすくするアプリの紹介&具体的な商品を売る方法を説明します。

これから紹介するアプリを使えば、メルカリやラクマの売れなかった商品が売れるようになります。

なぜなら、ぼくは今までメルカリとラクマで約1400回以上の取引回数の実績があるからです。

ミニマリストになるプロセスや物販でメルカリとラクマを使いこなし、今でも不用品を売るときに使っています。

この記事を通して少しでもあなたのプラスになれば嬉しいです。

Phontoとは?

Phontoとは、画像に文字を挿入することができ、シンプルに使えるアプリです。

Phontoを使った具体的な商品の売り方

なぜPhontoを使うと売れやすくなるのか?

まずはじめに、なぜPhontoを使うのかを明確にします。

メルカリやラクマで商品を売るためには、画像の差別化で決まると思っています。

なぜなら、フリマアプリ上では同じような商品がたくさんあるからです。

例えば、ジーンズを出品するとします。

しかし、フリマアプリ上ではたくさんのジーンズが出品がされています。

その中で、カメラでただ撮っただけの写真を貼り付けたとしても、他の人が出品しているものと変わらないので売れにくくなるでしょう。

そこでPhontoを使って画像に文字を入れることで売れやすくなります。

じゃあ、どのような画像を作るの?

このような画像を作ります。

左側は商品の画像を貼り付け、右側は商品の情報を書きます。

大事なポイントは、一目見ただけでどんな商品なのかを理解させ、興味を持たせれるかです。

今から右側にどのようなことを書けば興味を持ってくれるのかを解説します。

右側にどのようなことを書けばいいのか?

結論から言うと、相手にメリットに感じることを書きましょう。

上部の画像の場合はこんな感じです。

①iPhone 5s
②新品
③送料無料
④即日発送

①では、商品を一言で表す言葉を入れましょう。
一言で表すことで、どんな商品かが一瞬でわかります。

②では、商品の状態を書きます。
「新品」や「傷あり」など商品の状態を書くことで購入者は安心して購入することができます。

③と④では、購入者にとってあなたの商品を購入するメリットを書きましょう。
同じような商品を売っている人が「着払い・2日後発送」と記載があるのであれば、あなたは「送料無料・即日発送」とすることで差別化をし、売れやすくします。

メリットを伝えるワードは他にもたくさんあります。
下記が例です。

・頑丈な梱包
・値引き交渉OK
・セット購入あり
・セット割引OK
・3日間限定価格
・商品の機能(防水、保証付きなど)

まとめ

Phontoを使ってメリットに感じるワードを挿入すれば、あなたの商品が売れる可能性は絶対に上がります。

なぜなら、この方法を使ってぼくは今まで約1400件以上の取引を行ってきたからです。

ぜひ、ダウンロードして使ってみてください。

少しでもあなたのプラスになれば嬉しいです。