ミニマリズム

【お掃除ロボット】ミニマリストなのにブラーバは使わない!その理由とは?

どうも、ミニマルな上京人です。

部屋の掃除をする手間と時間を無くすために2ヶ月前に「お掃除ロボットBrava380j」を購入しました。

しかし、その1ヶ月後に手放してしまいました。

そこで今回はなぜミニマリストなのにお掃除ロボットを手放すことになったのか?を説明していきます。

少しでもあなたのプラスになれば嬉しいです。

満足のいく掃除ができない

Bravaによってある程度きれいになりますが、

・隅々まで掃除が行き届いていない
・がんこな汚れが取れない
・取りこぼしがある

このように細かいところまで掃除ができないことがぼくにとって不満でした。

時短できない

Bravaの充電をMAXにするには急速充電で約2時間かかります。

部屋を掃除したいのに2時間待つ必要があるのです。

「常に充電しとけば問題ないじゃん」と思われる方もいると思いますが、毎回充電することがめんどくさいと思ってしまうんですよね。

Bravaがあることによって時短できるはずが、ブラーバを充電するために時間がかかってしまいます。

それだったらフローリングワイパーを使って自分で掃除したほうが結局時短になります。

スペースを取る

上記の画像のとおり、Brava本体だけではなく、充電器、タオルなどたくさん付属品があります。

これらを置くためのスペースが必要になります。

まとめ

・満足のいく掃除ができない
・時短できない
・スペースを取る

これらの3つの理由によりBravaを手放しました。

この経験からミニマリストはそれぞれ必要なものと無駄なものがあることがわかりました。

少しでもあなたのプラスになれば嬉しいです。